上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
            備中松山城登山と町並み散策  

吉永公民館を午前8時に出発。山陽道~岡山道を経て高梁市観光駐車場に到着の9時過ぎには、早残暑厳しい日差しが待っていました。会として久しぶりの活動で27名の参加者は、元気に山へと向かいました。

19111.jpg   19112.jpg   19113.jpg
山道は、落ち葉が踏みしめられて歩きやすくそれぞれ会話を楽しみながらゆったり歩きました。それでも頂上近くになるとさすがに道は、急坂になり、水分補給の休憩も取りながら登りました。 

19114.jpg   19116.jpg   19115.jpg
約1時間半で松山城に到着。天守の現存する山城としては日本一の高さということを、一歩一歩登って来てみて実感しました。臥牛山の一つ430mの小松山にある国指定の重要文化財である松山城の歴史に触れました。鎌倉時代から次々に多くの城主の名が刻まれています。

19117.jpg   19118.jpg   19119.jpg
191110.jpg   191111.jpg   191112.jpg
191113.jpg   191114.jpg   
191116.jpg   191117.jpg   191118.jpg
191119.jpg   191120.jpg   191121.jpg
下山後、高梁市内を自由散策しました。武家屋敷、頼久寺などに足を止めながら小京都の佇まいを味わいました。その後、朝霧温泉「ゆらら」に立ち寄って、予定より少し早く帰途に着きました。 

登山道の傍らに、キノコを見つけました。高山植物の名に詳しい人は多いのですが、キノコに詳しい人はなくて、後で調べた名です。しかし、似た色や形のキノコが多いので違っているかも知れません。

191122.jpg   191123.jpg   191124.jpg
ベニテングダケ                           シロオニタケ
 

191125.jpg   191126.jpg   191127.jpg
 シロオニタケ          アミタケ
191128.jpg   191129.jpg   191130.jpg
ホオベニシロアシイグチ     トキイロヒラタケ
191131.jpg   191132.jpg   191133.jpg
 「マツタケは形も名前もわかるんだけど・・・・姿が見えないなあ」









  






スポンサーサイト
2011.09.12 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。