上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
6月10日(金)午後7時に吉永公民館を出発。11日0時30分舞鶴港出港。日本海を21時間かけて小樽に向かいました。
66111.jpg   66112.jpg   66113.jpg
66114.jpg   66115.jpg   66116.jpg
66117.jpg   66118.jpg   66119.jpg

6月12日朝、小樽運河通りを散策。海鮮市場(店の名前)で朝食をいただきました。新鮮ではなかったようです。余市岳は時間的に余裕がなかったので登山口まで行き(途中残雪があるーさすが北海道)札幌に向かいました。北海道大学の周辺に行き、今夜の宿を確認して大倉山のジャンプ台まで徒歩で登りました。
66121.jpg   66122.jpg   66123.jpg
66124.jpg   66125.jpg   66126.jpg
66127.jpg    66128.jpg   66129.jpg

6月13日 札幌のアパホテルリゾートを出発、今日は朝から雨、アイヌの民俗資料館に着いたときは大雨、思わず簡易傘を買い広い館内を歩きました。そのあと、洞爺湖サミットが開かれたホテルを見学、立派すぎて入館に躊躇し北海道名物のジンギスカン鍋をいただきました。昭和新山を見て今夜の宿のホロホロ山荘へ向かいました。
66131.jpg   66132.jpg   66133.jpg
66134.jpg   66135.jpg   66136.jpg
66137.jpg   66138.jpg   

6月14日 ホロホロ山荘を午前4時羊蹄山に向かって出発。約1時間半かかって到着しました。雨の中5人が登山開始。麓からみた羊蹄山は雲の中。下山2時ごろまで雲が消えることはありませんでした。山は雨はそれほどではなく強風と寒さに大変だったようです。羊蹄山の麓はニセコ公園になっており二人は温泉三昧をしながらいろいろ見て回りました。最後に半月湖を回り少し歩き、登山口に迎えに行きました。
66141.jpg   66142.jpg   66143.jpg   
66145.jpg   66146.jpg   66147.jpg   
66148.jpg   66149.jpg   66144.jpg   

冷たい体を温泉で癒し(北海道はどこに行っても温泉。入浴料800円は少し高い)小樽に向かいました。小樽出港まで小樽の町で夕食、お土産を買いました
661410.jpg



スポンサーサイト
2016.06.28 / Top↑
5月21日 熊山に登りました。和気町大中山と清水の初瀬池付近から登山開始。初夏を思わす日差しの強い中9名の参加者で登りました。

登山口から急な登り、息継ぎをしながらやっとの思いで平坦な道まで進みます。
IMGP4648.jpg   IMGP4649.jpg   IMGP4650.jpg

尾根伝いにアップダウンを繰り返します。縦走をしていところは見晴らしもよく、和気の街並みが臨めます。
IMGP4651.jpg   IMGP4652.jpg   IMGP4653.jpg

熊山の山並みに入るころは樹木が茂り日差しが和らぎます。
IMGP4654.jpg   IMGP4655.jpg   IMGP4656.jpg
IMGP4657.jpg   IMGP4658.jpg   IMGP4659.jpg

展望台に到着しました。少し早い昼食です。ゆっくり休むことができました。ここまで約3時間
IMGP4660.jpg   IMGP4661.jpg   IMGP4662.jpg

熊山の頂上までさらに1時間かかるので今回はここで下山開始です。
IMGP4663.jpg   IMGP4665.jpg   IMGP4666.jpg

鬼が城池に到着、下山は約1時間でした。
IMGP4667.jpg   IMGP4668.jpg

        
2016.06.08 / Top↑
吉永公民館7時集合。肌寒い朝でしたが出発のころは空は晴れて暖かくなり今日は絶好の登山日和です。本日の参加者は40名です。山陽自動車から近畿自動車道に入り香芝ICで降り、一路大神神社へ10時半ごろに到着しました。

大神神社で記念写真を撮り、三輪山全体がご神体なので休憩所で早い食事を摂りました。
6581.jpg   6582.jpg   6583.jpg
6584.jpg   6585.jpg   6586.jpg
6587.jpg   6588.jpg   6589.jpg
65810.jpg   65811.jpg   65812.jpg

事前にお山に入る注意事項を説明され、11時50分いよいよ登山開始です。連休最後の休みになるので多くの方が登っておられました。
お山は写真撮影禁止なので写真がありません。頂上までは約1時間、頂上には小さな社がある他は大きな建物はなく。岩がたくさんあり、割れた岩がご神体なのかしめ縄を巻いていました。

65813.jpg   65814.jpg   65815.jpg

14時30分頃下山しました。バスの駐車場には結婚式のためかリムジンの大きな赤い車が駐車しており、珍しいのか写真を撮っている人がいました。15時10分大神神社を出発し帰路につきました。吉永には18時50分頃到着しました。
65816.jpg   65817.jpg   65818.jpg


2016.05.09 / Top↑
吉永公民館を8時出発、途中和気で6名合流し山陽自動車道・岡山道から総社1Cでおり、高松城跡に行きました。今日の参加者は38名です。

高松城跡では最初、資料館でDVDを視聴し、その後、城内の案内をボランティアガイドがしてくださいました。とても分かりやすく戦国時代を思いを寄せながら楽しむことができました。
63201.jpg   63202.jpg   63203.jpg
63204.jpg   63205.jpg   63207.jpg
63208.jpg   63209.jpg   

総社ふれあい公園に11:15頃到着軽く準備運動をして登山開始。

632010.jpg   632011.jpg   632012.jpg   

幸山170m頂上に12時過ぎ到着。予定よりかなり遅れていたため昼食をとりました。眼下に総社市一帯が見下ろせます。
632013 (2)   632013 (3)   632013.jpg   
632014.jpg   632015.jpg   632016.jpg   
632017.jpg   632018.jpg   632019.jpg   
632020.jpg   632021.jpg   632022.jpg   
632023.jpg   632024.jpg   632025.jpg   

福山城跡は広く展望もよく南には児島湖、北は総社市内が見下ろせます。下山は八畳岩の横を通って総社ふれあい公園に到着しました。
632026.jpg   632027.jpg   632028.jpg   
632029.jpg   632030.jpg   632031.jpg   
632032.jpg

今回の登山は、前回の操山と同じような登山で、適当な起伏があり景色もよく快適な登山でした。登山の後は温泉と期待していたのですが、希望者が半数ぐらいで総社の農マル園芸で買い物をして帰りました。




2016.03.24 / Top↑
2月21日(日)午前8時に吉永公民館、備前を4台の自家用車に分乗して出発しました。伊部駅で合流、就実学園グランド予定地まで行きました。1台の車をそこに駐車し、あと3台の車に分乗し沢田の里山センターに9時前に到着しました。今日の参加者は17名です。

里山センターにはボランティアガイドが待機して希望すれば操山を案内してくれます。今日は地図をいただき地図を頼りに縦走を開始しました。
62211.jpg   62212.jpg   62214.jpg

操山は古墳がたくさんあり、古墳を訪ねた登山になりました。
62214.jpg   62215.jpg   62216.jpg
62217.jpg   62218.jpg   62219.jpg

操山頂上付近。眼下には岡山市街地中心が広がり、夜景の素晴らしい光景が目に浮かびます。
622110.jpg   622111.jpg   622112.jpg


622113.jpg   622114.jpg   622115.jpg

12時すぎ、笠井山山頂で昼食、広い山頂で思い思いにおいしい弁当をいただきました。
622116.jpg   622117.jpg   622118.jpg

就実学園の買収地に向かって下山。広大で立派な竹林があり、シーズンは大きく太いタケノコが採れそうです。
622119.jpg   622120.jpg   622121.jpg

1時半頃就実学園グランド予定地に到着しました。予め駐車していた車に3台の運転手が乗り、里山センターまで車を取りに行きました。あとの人は里山センターへ向かって歩き、最初に乗車してきた車に乗って帰路につきました。
操山は、なだらかなアップダウンの繰り返しで、地元のウオーキングコースになっているのか多くの人に出会いました。またどこからでも登ることができ広葉樹の落ち葉が積もり膝にも優しい操山でした。




2016.02.22 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。